© 淋病ってご存知ですか?淋病をもっと理解しよう! All rights reserved.

淋病とは?

性病の中でも、感染力が強く感染者が増え続けているのが淋病です。いろいろな部位に感染するので、感染リスクがとても高いといえます。性病についての知識はしっかりと持っていないと、自分だけでなく、パートナーや恋人も巻き込んでしまう可能性がありますよね。
今回は、淋病について詳しく紹介していきたいと思います。

 

淋病ってどんな病気なの?

淋病というのは、性病の一つで、淋菌という菌が引き起こす感染症です。感染率は約30%

最近、とても感染者を増やしています。感染経路は性行為がほとんどです。感染している部位が接触すると感染するので、最後までしたかどうかは関係ありません。オーラルセックスだけでも感染します。
淋病に感染するときには、同時にクラミジアにも感染してしまうことが多いので、怪しいなと思ったら、どちらも検査するようにしましょう。

淋病の症状には個人差があるというのが、淋病の特徴です。

症状が強く出る人もいれば、全く自覚症状がない人も多く、感染したことに気付かないという場合があるので、注意が必要なのです。気づかないまま淋病を放っておくと、性行為をしたひとに映してしまう可能性も高いですし、ひどくなると他の合併症を発症する恐れもあります。
性器のほかにも尿道やのど、直腸などにも感染することがあるので、性病を疑いづらいとい場合もあるので要注意。

 

症状が出る場合は、女性は、膣から子宮に痛みを感じたり、おりものが増えたりニオイが気になるなどがあります。ただし、女性は特に自覚症状がない場合が多く、気づかずに感染していた淋病が体内で広がっていくことで、不妊を引き起こす可能性もあるので、妊活中は淋病の検査をすることをおすすめします。

また、女性が淋病に感染していると、出産をするときに、赤ちゃんが淋病に感染した産道を通ることになりますよね。そうなると、赤ちゃんも淋病に感染してしまう可能性が高くなります。最悪の場合失明する恐れもあるので、赤ちゃんを守るためにも妊娠中には淋病の検査をするようにしましょう。

 

男性の場合は、尿道に感染することが多いようです。おしっこをするときに、膿が出てきたり焼けるような痛みを感じることが多いです。自覚症状が出ないこともあったり、痛みが突然治ったりするので、淋病だと気づかなかったり、治療をしないという人もいますが、放置すると、体内に広がって生殖器の炎症を起こすので注意しましょう。
無精子症などの不妊の原因にもなります。

 

どうやって治すの?

淋病になってしまった場合は、抗生物質を服用することで治していきます。薬の種類にもよりますが長くても2週間程度服用を続ければ、淋病を治すことができると考えられています。
でも最近は、淋菌が薬に強くなっているとも考えられていて、抗生物質が効きにくくなっている可能性もあります。淋病が完治していない場合も多く、治療が終わっても症状がまた出てきたり、感染は続いてしまいます。
医者から完治したことを教えてもらうまでは、しっかり薬を飲み続けるようにしましょう。

 

自覚症状がない場合に要注意

淋病は、感染力が強く、感染している人が多いにもかかわらず、自分が淋病にかかっているということに何年も気づかず、不妊症を引き起こしてしまうなどのリスクがあります。
自覚症状がないという特徴のため、気づきにくい性感染症ですが、怪しいと思ったら検査をしたり、少しでも症状があったら病院を受診したりして、早期発見、早期治療できるようにしましょう。

淋病はどうやって感染するの?

性病と聞くととてもネガティブなイメージがありますよね。できれば感染したくないと思う人がほとんどだと思いますが、性行為をするということは同時に…

淋病の特徴をチェック

淋病は、性感染症の中でも、感染力が強い厄介なものです。一度、感染者が減っていたのですが、最近になってまた感染者を増やしています。 淋病の…

淋病に男性がなった時の症状を紹介

淋病は有名な性感染症の一つです。男女ともに発症リスクがありますが、性別によって症状の出方や部位には違いがあります。男性が淋病に感染するとどの…

淋病に女性がなったらどんな症状がでるの?

淋病は、ポピュラーな性感染症の一つです。女性と男性どちらにも感染するリスクが同じようにありますが、症状の出方は男女で異なります。女性が感染し…

淋病がこわいのは合併症て本当?

淋病は感染力の高い性感染症の1つですが、本当に怖いのは、感染者そのものではなく合併症です。淋病の合併症について、紹介していきます。 &nb…

ページ上部へ戻る