淋病はどうやって感染するの?

性病と聞くととてもネガティブなイメージがありますよね。できれば感染したくないと思う人がほとんどだと思いますが、性行為をするということは同時に性感染症になってしまうリスクがあるということになります。

性病の中でも感染力が高く、最近感染者がどんどん増えている淋病は、どのようにして感染してしまうのでしょうか。紹介していきたいと思います。

 

淋病は男性が射精しなくても感染してしまうリスクがある

性病と一言で言っても、その感染経路は様々で、性行為を最初から最後まで行うことで感染するものもあれば性器が接触するだけで感染してしまうこともあります。
淋病は、感染している人と性器が接触するだけでも十分感染してしまう可能性があるので、感染力が強いともいえます。

男性から女性、女性から男性、どちらもあり得るので、性行為をするとかかってしまうリスクがあるということは知っておきましょう。特に、セックスに関してオープンな人ほど感染しやすいので、要注意です。
性器と口が接触しただけでも感染してしまうので、オーラルセックスなどでも感染します。男性の場合は、風俗などで、サービスを受けた際に感染することも多いようです。風俗を利用する際は、そういったリスクも踏まえて、安心できるお店選びをする必要がありそうですね。

 

淋病は、感染力の強い性病

淋病は感染力がとても強い性病です。感染してもすぐに症状が出ることは少なく、感染に気付かないことも多いので治療が遅れてしまうという難点もあります。なるべく感染リスクを避けるためにも不特定多数との性行為は控えて、セックスのパートナーともお互いが感染していないかどうかを確認しあったり、時には検査を受けるなどの対策が必要です。